ランテック(RUNTEQ)とポテパンキャンプ(POTEPAN CAMP)の口コミ・評判を比較

総合評価
ランテック: 5.0
ポテパンキャンプ: 4.6
コスパ
ランテック: 5.0
ポテパンキャンプ: 4.5
就職・転職支援
ランテック: 5.0
ポテパンキャンプ: 4.5
カリキュラム
ランテック: 5.0
ポテパンキャンプ: 4.7
講師・指導
ランテック: 5.0
ポテパンキャンプ: 4.7
指導形態
ランテック: 5.0
ポテパンキャンプ: 4.7
▶ ランテック(RUNTEQ)の評判を見る
▶ ポテパンキャンプ(POTEPAN CAMP)の評判を見る

ランテック・ポテパンキャンプは最も評価が高いスクールです

\\ ランキング第1位 //
ランテック(RUNTEQ)
5.010件

評価が平均より高い項目

こんな人におすすめ

☆ 平均よりカリキュラム、講師・指導、就職・転職支援、コスパ、指導形態の評価が高いです

実際の口コミ

「カリキュラムや講師のレベルだけでも価値があるし、コミュニティとしての質もいい。 一人ひとりにtimesがあるので、学習のつぶやきや気付きなどを自由に書けるので、受講生同士で交流が生まれたり講師の方からアドバイスをもらえたりする。 ...」

いますぐ無料カウンセリングを受けたい場合は👇

\ TRY NOW /
▶ 無料カウンセリングを受けてみる

※無料カウンセリングのみならお金は一切かかりません
※無料カウンセリングはいつ終わるのかわからないのでお早めに

\\ ランキング第1位 //
ポテパンキャンプ(POTEPAN CAMP)
4.650件

評価が平均より高い項目

こんな人におすすめ

☆ 平均よりカリキュラム、講師・指導、就職・転職支援、コスパ、指導形態の評価が高いです

実際の口コミ

「スクール側が就職、転職したら全額キャッシュバックなので、本気で目指すならこれ以上ない環境だと思います。結構な実力が身につき、値段的にも良心的だと思うのでコストパフォーマンスは抜群にいいと思い、大変満足しています。」

いますぐ無料カウンセリングを受けたい場合は👇

\ TRY NOW /
▶ 無料カウンセリングを受けてみる

※無料カウンセリングのみならお金は一切かかりません
※無料カウンセリングはいつ終わるのかわからないのでお早めに

▶ 全ての比較を見る

ランテック(RUNTEQ)

ランテック(RUNTEQ)の特徴

初心者から転職を考えている場合は学習サポートが充実しているRUNTEQ(ランテック)

HTML、CSSなどの基礎的なことからRuby on Rails, JavaScriptなどWEBエンジニアとして必要なことを学ぶことができます。さらに応用編のコースもあり、バグ修正やコードリ―ティングのスキルなど実践に必要なスキルを身に着けていきます。

レッスン以外にも学習サポートが充実しており、自分で解答をみて見直しをしたり、課題に関連するヒントを確認することもできます。とくに初心者にとって、よくある間違いを確認することによって効率的に勉強をすることができます。

ランテック(RUNTEQ)はこんな人におすすめ

  • 学習サポートが充実しているスクールで学びたい
  • 本格的にプロとして転職を考えている方
  • オンラインでRuby on Rails, JavaScriptを勉強したい方

ランテック(RUNTEQ)で学べる言語

HTMLCSSRubyJavaScript
無料説明会に申し込む(1分)

ポテパンキャンプ(POTEPAN CAMP)

ポテパンキャンプ(POTEPAN CAMP)の特徴

Webエンジニア輩出No.1、実践的な課題とレビューで実際に使えるプログラミングスキルを身に付けることができる。

ポテバンキャンプでは、受講後でも実際に使えるプログラミングを習得できるようになることを重要視しており、初心者向けの基礎カリキュラムに加え、スケジュール管理サイト、ECサイトなどの10個以上のWebアプリを実際に開発するような実践的なカリキュラムを用意しています。またただ作成するわけではなく、レビューにもしっかりと時間を割くことで、自分で考えて作るスタイルを身に付けられるプログラムになっています。

講師を務めるのは、現役のエンジニアで現時点で50名以上が在籍しています。他のスクールでは、コードがかける学生インターン生が講師を務めるケースもありますが、ポテパンキャンプでは、現役エンジニアのため、実践的なレビューを受けることが可能です。

学習コースとしては、「Webアプリケーションコース」、「Railsキャリアコース」の2つが用意されています。

「Webアプリケーションコース」は、教養や副業を目指す学習に最適化されたカリキュラムとなっており、HTML / CSS、Javascript、Ruby、Ruby on Railsなどの基礎から実践まで満遍なく学習することができます。受講期間は2ヵ月間で、費用は20万円となっています。

「Railsキャリアコース」は、現場形式の開発環境の中で、Webアプリ開発を行い、現役エンジニアによる細かいレビューを受けることができます。Webアプリケーションコースと同様の言語学習はもちろん、API使用やGitを用いた開発フローなどより現場で使えるスキルを学ぶことができます。また専任のキャリアカウンセラーが担当となり、転職サポートも手厚く受けることができます。受講期間は5ヵ月間で、費用は40万円となっています。

オンラインでの受講になるため、オンラインでもしっかりと学習できるようにサポート体制は充実しています。専用の質問サイトを用意しており、毎日10:00 ~ 23:00の間で技術的な質問をすることが可能です。また技術的な質問以外でも、平日10:00~19:00でチャットサポートも実施しており、オンライン上でも問題なく学習できる環境となっています。

また学習後のサポートも充実しており、エンジニアとしてのキャリアを考えていく上で、自身のステージにあわせたサポートも実施しています。具体的には、フリーランスとして、働いていきたい方向けへの案件情報紹介サービス「ポテパンフリーランス」や、初めてのエンジニア転職を考えている方向けへの転職エージェント「ポテパンキャリア」の2本柱でニーズに合わせたサポートも実施しています。

実際にポテパンキャンプを利用する際には、初めに無料カウンセリングを受け、学習目的等をすり合わせた上で、受講コースを選ぶことができます。そのため、コースを選んでから失敗するということがないようにサービスフローが設計されています。

ポテパンキャンプ(POTEPAN CAMP)はこんな人におすすめ

  • 初心者であってもエンジニアのプロとして転職したい方
  • オンラインでカリキュラムを進められるスクールを探している方
  • 現役のエンジニアから勉強したい方

ポテパンキャンプ(POTEPAN CAMP)で学べる言語

HTMLCSSJavaScriptRuby

ポテパンキャンプ(POTEPAN CAMP)の対象

エンジニアとして転職したい 自社開発企業へ転職したい
無料説明会に申し込む(1分)

コスパに関する評判

回答者:2020/6卒業、受講前の仕事:教員、受講後の仕事:転職活動中、 Twitter認証済み
5

カリキュラムや講師のレベルだけでも価値があるし、コミュニティとしての質もいい。
一人ひとりにtimesがあるので、学習のつぶやきや気付きなどを自由に書けるので、受講生同士で交流が生まれたり講師の方からアドバイスをもらえたりする。
また、スタートアップ特化型なので、プログラミングを通じて社会に価値提供するというマインドを身につけられることも利点の一つだと思う。

回答日:2020年06月19日
回答者:2020/12卒業、受講前の仕事:高卒で工場の製造勤務、受講後の仕事:バックエンドエンジニア希望、 Github認証済み
5

他のスクールに比べて安価で、実践的な内容になっているので良いと思う。
ただ、正直難しいので挫折率は高め?
課題が終わったら達成感はかなりあります!

回答日:2020年12月18日
回答者:2020/7卒業、受講前の仕事:エンジニア(運用保守)、受講後の仕事:Railsエンジニア、 Twitter認証済み
5

コスパに関しては、無論かなり高いです。
6ヶ月間で30万円のコースでありながら(これでもすでに安い)、
・slack内に卒業後でも残れる
・コミュニティ力が強い
・受講生同士のコミュニケーションも活発
・プログラミング力だけではなく、Web業界の知見や情報を知ることができる
・カリキュラムが入学時より増えて、卒業後も取り組めるカリキュラムがある。
・卒業し就職した受講生から現場の声を生で聞くことができる

など、コスパに関してこれ以上はないコンテンツとなっております。オススメできます。

回答日:2020年07月26日
回答者:2020/4卒業、受講前の仕事:営業、受講後の仕事:サーバーサイド、 Github認証済み
4

めっちゃ安いし、ポテパン経由で転職すればタダなので、また使いたい。
というか、私の場合はある程度現場経験を積んだら、また使いたい、かな。
今度は転職支援も存分に有効活用したい。

回答日:2021年04月17日

就職・転職支援に関する評判

回答者:2020/6卒業、受講前の仕事:教員、受講後の仕事:転職活動中、 Twitter認証済み
5

私は本格的な転職活動ができていないが、卒業生は納得の行く転職ができているよう。
就職支援は受講期間が終わった後もしてもらえる。ビジネスサイドの人もいて、履歴書の添削や自己分析、模擬面接などをしてくれる。
また、スクールとは別で企業選考カリキュラムがあり、合格することで提携会社に書類を提出することができるものがある。

回答日:2020年06月19日
回答者:2020/12卒業、受講前の仕事:高卒で工場の製造勤務、受講後の仕事:バックエンドエンジニア希望、 Github認証済み
5

現在サポート中なのでなんとも言えませんが、無料のスクールとは違いゴリゴリSESを勧めてくる訳でないので安心できる。
書類の添削、ポートフォリオの確認もしていただけるので良いと思う。

回答日:2020年12月18日
回答者:2020/7卒業、受講前の仕事:エンジニア(運用保守)、受講後の仕事:Railsエンジニア、 Twitter認証済み
5

私自身がRUNTEQ経由で転職をしていないので具体的には話せないので、他の受講生がどのように支援を受けていたかを記載致します。
まず、就職・転職に際して、自己分析の面談や履歴書・自己PRの添削、面談練習など、希望を出せば対応をしてくださいます。細かい質問はslackのチャンネルなどで気軽に聴くこともできます。
充実したカリキュラムと、徹底した就職・転職サポートがあるため、しっかり取り組めば成果は出る環境となっていると思います。

回答日:2020年07月26日
回答者:2020/4卒業、受講前の仕事:営業、受講後の仕事:サーバーサイド、 Github認証済み
4

スクール期間が終わった後転職支援のフェーズに入るが、そこにはまた別のメンターがつく。
そして転職支援に期間制限はなく、ポートフォリオ作成後、転職支援が受けられる。
自分は転職支援を受けてないので細かなところはわからないが、完全な放任主義。
結局最後まで「自分でやって、勝ち取ってくれ」スタイル。
進捗状況の報告などの義務がなく、自分でなんでも進めていく必要がある。
同業種からさらにレベルアップして転職したい人などにはうってつけのスクールだが、完全未経験の人が入るべきスクールではない気がする。

回答日:2021年04月17日

カリキュラムに関する評判

回答者:2020/6卒業、受講前の仕事:教員、受講後の仕事:転職活動中、 Twitter認証済み
5

初心者向けのカリキュラムが最近公開された(やっていないのでここでは書かない)。
Rails基礎編のレベルはRailsチュートリアルを終えた程度。難易度は低くないので、人によっては時間がかかるかもしれないが、これ以上無理となったときは途中で解答を見ることもできる。
カリキュラムは永続的に受講/閲覧でき、解説も随時更新されている。

基本的なカリキュラムの他に、SQL, AWS, RSpec, ネットワーク基礎やマーケティングについての課題がある(資料を見てデプロイしたり、PRで提出したり)。
また、運営会社が行う勉強会に参加したり(レベルが高いので、よくわからないこともある)、毎週いろんな講座をzoomで行っている(録画あり)

回答日:2020年06月19日
回答者:2020/7卒業、受講前の仕事:エンジニア(運用保守)、受講後の仕事:Railsエンジニア、 Twitter認証済み
5

カリキュラムは実務にのっとったやり方で作成されており、Git flow形式で機能追加を行い、プルリクエストを作成して自動レビューまたは講師のレビューを受け進めていくという流れになっています。
カリキュラムには受講生の自走力を鍛えるために、細かい指示までは書かれておらず、自分自身で考えて調べて実装する必要がある内容となっています。そのため、プログラミングの技術を学びながら自分で考える力をつけられることが強みだと思います。

回答日:2020年07月26日
回答者:2020/4卒業、受講前の仕事:営業、受講後の仕事:サーバーサイド、 Github認証済み
4

・メリット
→4ヶ月で基礎学習、サブ課題、本課題、をクリアし卒業しなければならないためスピード力がつく
→本課題は現役のエンジニアによるレビューが受けられるので、かなり細かく指摘してもらえる

・デメリット
→基礎学習はRailsチュートリアルを1ヶ月かけてやるだけ(2周を推奨される)なので、正直ここはご自身で購入されてやったほうが時間的にも金銭的にもいい。
→ポテパンの1番の売りは、「現役エンジニアからのレビュー」だと思うので、そこ以外で、カリキュラムの面でサポートを期待してポテパンに入ると痛い目を見る。

回答日:2021年04月17日

講師・指導に関する評判

回答者:2020/6卒業、受講前の仕事:教員、受講後の仕事:転職活動中、 Twitter認証済み
5

現役のエンジニアが教えてくれる。現場ではどんな書き方が使われているか、なぜその書き方ではよくないのかまで教えてもらえる。
どのような観点でデバッグを行い、どのような質問の仕方をすればいいのかまで指導してもらえる。
また、ポートフォリオなどカリキュラム外の内容でも深い部分まで教えてもらえるのがよかった。

回答日:2020年06月19日
回答者:2020/12卒業、受講前の仕事:高卒で工場の製造勤務、受講後の仕事:バックエンドエンジニア希望、 Github認証済み
5

レビューがとても丁寧なのでものすごく勉強になる。
ただ、質問しても返ってくるまでの時間が空きすぎらのですぐに解決できない。
ある意味自走力の向上につながる?

回答日:2020年12月18日
回答者:2020/7卒業、受講前の仕事:エンジニア(運用保守)、受講後の仕事:Railsエンジニア、 Twitter認証済み
5

講師の方は全員現役で働かれているrailsのエンジニアの方です。RUNTEQを運営しているスタートアップテクノロジーという会社のエンジニアの方と、外部で働かれている方で構成されています。
質問がある際はslackにて講師の方に連絡を入れ、営業時間内であればすぐ画面共有や通話にて質問をすることができます。また質問の回答について、答えを教えるということはなく、答えにたどり着くまでのヒントを与え受講生に考えてもらうというスタンスなので、自走力が鍛えられます。
対応はどなたも丁寧に答えてくださいます。

回答日:2020年07月26日
回答者:2020/4卒業、受講前の仕事:営業、受講後の仕事:サーバーサイド、 Github認証済み
4

・メリット
→実装完了後、プルリク出してレビューを受けるまでの時間は半日以上かかったことがなく比較的早い。どれだけの受講生を対応しているのかはわからないけど。
→自分は受講期間が正月をまたいだが、エンジニアからレビューもらえた。とことん付き合ってくれる。
→「ちゃんと」質問すれば、返答が早いし、絶妙にいいヒントをくれるので、考える力がつく。
→本課題はレビュアーが納得してもらえるまでとことんレビューしてもらえるので(先に進ませない)、特有の「お作法」や現場レベルの指摘をもらえる

・デメリット
→手取り足取り指導してくれる環境ではないので、入ったら一人前のエンジニアになれるだろう、程度に考えてる人が入ると大火傷する。
→受講生はそこそこの知識がないと、質問しても対等なやりとりができない。的を得た質問ができないとエンジニアの方も何を問いたいのかわからないので、時間のかかる不毛なやりとりで終わる。

回答日:2021年04月17日

指導形態に関する評判

回答者:2020/6卒業、受講前の仕事:教員、受講後の仕事:転職活動中、 Twitter認証済み
5

課題のレビューは自動で行い、要件を満たしているか判断される。その後、記述の仕方やポイントなどを確認して自分で改めるという流れ。
わからない点などがあれば随時質問ができる。その後、自分の言葉でアウトプットするように指導される。

回答日:2020年06月19日
回答者:2020/12卒業、受講前の仕事:高卒で工場の製造勤務、受講後の仕事:バックエンドエンジニア希望、 Github認証済み
5

自走力を鍛えるという意味ではオンラインでのこの指導形態は良いと思う。
特に進捗確認はないので管理してもらいたいなら合わないかもしれないです。

回答日:2020年12月18日
回答者:2020/7卒業、受講前の仕事:エンジニア(運用保守)、受講後の仕事:Railsエンジニア、 Twitter認証済み
5

受講生が現場で通用するように自走力を鍛えるという方針で運営されています。
そのため答えを教えるということはなく、解決にたどり着くための思考や考え方を中心に教えていただけます。また講師数も多いため、日替わりで担当され、営業時間内であれば質問が滞るということはないです。

回答日:2020年07月26日
回答者:2020/4卒業、受講前の仕事:営業、受講後の仕事:サーバーサイド、 Github認証済み
4

・メリット
→現場で通用するようなレビューを受けられるので、実践に即した擬似開発ができる
→質問は、考え抜いてわからない場合はすぐに質問できる。制限などはない
→技術以外の質問はメンターに、技術の質問はエンジニアに、と別れている。

・デメリット
→放任主義的な側面があるので、ある程度能動的に動ける人じゃないと完全に孤立する。
→質問の返答スピードや、内容の質にはムラがある。当然、質問する側の内容の質によるので、日頃からQ&Aサイトなどで積極的に質問(またはアウトプット)しているような人は問題ないと思うが、そうじゃない人は入る前にそこのあたり慣れておかないと、お金の無駄になる。まあ当然なんだけど。

回答日:2021年04月17日

口コミだけでは、本当に自分にあったスクールなのか判断することはできません
あくまでも口コミは、投稿者の主観に基づく情報です。

まずは説明会に参加して、ご自身に最適なスクールであるか検討することをおすすめします。

※無料説明会のみならお金は一切かかりません

※無料説明会はいつ終わるのかわからないのでお早めに


他のスクール比較を見る

すべての比較を見る

カリキュラムに関する評価の比較に関しては、ランテック(RUNTEQ)の方がポテパンキャンプ(POTEPAN CAMP)より0.3点高い結果となっております。

講師・指導に関する評価の比較に関しては、ランテック(RUNTEQ)の方がポテパンキャンプ(POTEPAN CAMP)より0.3点高い結果となっております。

指導形態に関する評価の比較に関しては、ランテック(RUNTEQ)の方がポテパンキャンプ(POTEPAN CAMP)より0.3点高い結果となっております。

就職・転職支援に関する評価の比較に関しては、ランテック(RUNTEQ)の方がポテパンキャンプ(POTEPAN CAMP)より0.5点高い結果となっております。

コスパに関する評価の比較に関しては、ランテック(RUNTEQ)の方がポテパンキャンプ(POTEPAN CAMP)より0.5点高い結果となっております。

卒業後の推定年収比較に関しては、同点という結果です。

ヒカクチとは?

ヒカクチとは、プログラミング初心者やエンジニアとしての就職を考える大学生・転職を検討している社会人、フリーランスの方といったプログラミングを学びたい様々な方が、プログラミングスクールの評判や口コミを閲覧・比較できるサービスです。

実際に受講をした方のリアルな声を紹介し、プログラミングスクールを選択する際に、目的にマッチしたおすすめのプログラミングスクール・コースが見つけられるようサポートしております。

ヒカクチはこんな方におすすめ

  • プログラミング初心者でおすすめのプログラミングスクールを知りたい方
  • 目的は決まっているが、スクール選択の決め手が見つからない方
  • とりあえず様々なプログラミングスクールを見て、比較・検討したい方

各スクールのページには、資料請求や無料説明会等のご案内も掲載しておりますので、比較・検討からワンストップで目当てのスクールにアクセスできます。

ヒカクチの強み

①リアルな受講生の声が見れる!

TECHCAMP(テックキャンプ)、TechAcademy(テックアカデミー)、CodeCamp(コードキャンプ)など、プログラミングスクールに実際に受講された方からの評判・口コミ情報を掲載しております。 中立・公平性を維持するために弊社では口コミ内容の修正、削除は原則行っておりません。

②目的にあったプログラミングスクールが見つかる!

ヒカクチでは、エンジニアとして就職や転職するためといった目的別検索や、オンライン受講や無料受講等スクールの特徴別検索、またRubyやJava、Pythonなどの言語別検索など、様々な角度からプログラミングスクールを調べて比較することができます。

更に基本情報となるような、受講期間や価格などについても取り扱っております。様々な角度から比較、検討して頂き、評判・口コミを合わせて、あなたにピッタリのプログラミングスクールを探してみてください。