ランテック(RUNTEQ)とウェブキャンプ(DMM WEBCAMP)の口コミ・評判を比較

総合評価
ランテック: 5.0
ウェブキャンプ: 4.3
コスパ
ランテック: 5.0
ウェブキャンプ: 3.8
就職・転職支援
ランテック: 5.0
ウェブキャンプ: 4.3
カリキュラム
ランテック: 5.0
ウェブキャンプ: 4.3
講師・指導
ランテック: 5.0
ウェブキャンプ: 4.8
指導形態
ランテック: 5.0
ウェブキャンプ: 4.3
▶ ランテック(RUNTEQ)の評判を見る
▶ ウェブキャンプ(DMM WEBCAMP)の評判を見る

ランテック・ウェブキャンプより総合評価が高いスクールはこちら

ランテックの総合評価:5.0(10件)

ウェブキャンプの総合評価:4.3(15件)

\\ ランキング第1位 //
ポテパンキャンプ(POTEPAN CAMP)
4.650件

評価が平均より高い項目

こんな人におすすめ

実際の口コミ

「スクール側が就職、転職したら全額キャッシュバックなので、本気で目指すならこれ以上ない環境だと思います。結構な実力が身につき、値段的にも良心的だと思うのでコストパフォーマンスは抜群にいいと思い、大変満足しています。」

いますぐ無料カウンセリングを受けたい場合は👇

\ TRY NOW /
▶ 無料カウンセリングを受けてみる

※無料カウンセリングのみならお金は一切かかりません
※無料カウンセリングはいつ終わるのかわからないのでお早めに

▶ 全ての比較を見る

ランテック(RUNTEQ)

ランテック(RUNTEQ)の特徴

初心者から転職を考えている場合は学習サポートが充実しているRUNTEQ(ランテック)

HTML、CSSなどの基礎的なことからRuby on Rails, JavaScriptなどWEBエンジニアとして必要なことを学ぶことができます。さらに応用編のコースもあり、バグ修正やコードリ―ティングのスキルなど実践に必要なスキルを身に着けていきます。

レッスン以外にも学習サポートが充実しており、自分で解答をみて見直しをしたり、課題に関連するヒントを確認することもできます。とくに初心者にとって、よくある間違いを確認することによって効率的に勉強をすることができます。

ランテック(RUNTEQ)はこんな人におすすめ

  • 学習サポートが充実しているスクールで学びたい
  • 本格的にプロとして転職を考えている方
  • オンラインでRuby on Rails, JavaScriptを勉強したい方

ランテック(RUNTEQ)で学べる言語

HTMLCSSRubyJavaScript
無料説明会に申し込む(1分)

ウェブキャンプ(DMM WEBCAMP)

ウェブキャンプ(DMM WEBCAMP)の特徴

全コースオンラインで未経験から受講したいならDMM WEBCAMP(ウェブキャンプ)

DMM WEBCAMP(ウェブキャンプ)はオンラインで全て受講することができるため、現在仕事をしていて時間がない方でも安心して受講をすることができます。

第四次産業革命スキル習得認定講座に認定されているため、条件が全て揃えば最大70%が教育訓練給付金として支給されるため、初心者でも安心して受講をすることが可能となっています。

さらに転職できない場合は全額返金のシステムとなっており、転職するための環境が整っているのです。転職率98%といった数字が証明しています。

ウェブキャンプ(DMM WEBCAMP)はこんな人におすすめ

  • 教育訓練給付金対象のスクールで学びたい方
  • 忙しいためオンラインのみで転職を考えている方
  • 初心者であっても安心して受講をすることができるスクールを探している方

ウェブキャンプ(DMM WEBCAMP)で学べる言語

HTMLCSSJavaScriptRuby
無料説明会に申し込む(1分)

コスパに関する評判

回答者:2020/6卒業、受講前の仕事:教員、受講後の仕事:転職活動中、 Twitter認証済み
5

カリキュラムや講師のレベルだけでも価値があるし、コミュニティとしての質もいい。
一人ひとりにtimesがあるので、学習のつぶやきや気付きなどを自由に書けるので、受講生同士で交流が生まれたり講師の方からアドバイスをもらえたりする。
また、スタートアップ特化型なので、プログラミングを通じて社会に価値提供するというマインドを身につけられることも利点の一つだと思う。

回答日:2020年06月19日
回答者:2020/7卒業、受講前の仕事:ライン工、受講後の仕事:RPAエンジニア、 Twitter認証済み
5

-(5万〜10万)で金額に見合っていると感じます。スクール生に対して運営側の人数が少ないと感じた為。また、通学するのであれば、分割より一括で支払う方が良いと思われます。24回払いでスクール代+約10万(分割手数料)となる為。

回答日:2020年07月29日
回答者:2020/7卒業、受講前の仕事:エンジニア(運用保守)、受講後の仕事:Railsエンジニア、 Twitter認証済み
5

コスパに関しては、無論かなり高いです。
6ヶ月間で30万円のコースでありながら(これでもすでに安い)、
・slack内に卒業後でも残れる
・コミュニティ力が強い
・受講生同士のコミュニケーションも活発
・プログラミング力だけではなく、Web業界の知見や情報を知ることができる
・カリキュラムが入学時より増えて、卒業後も取り組めるカリキュラムがある。
・卒業し就職した受講生から現場の声を生で聞くことができる

など、コスパに関してこれ以上はないコンテンツとなっております。オススメできます。

回答日:2020年07月26日
回答者:2020/8卒業、受講前の仕事:技術職、受講後の仕事:求職中、 Github認証済み
3

第4次産業革命専門教育訓練の補助金の対象で受講料の70%が返ってくるので(カリキュラム終了時50%、就職決定時20%をハロワで申請)、それを踏まえると妥当なコスパだと思う。全て自己負担だと高いと感じてしまったかもしれない。

回答日:2020年08月09日

就職・転職支援に関する評判

回答者:2020/6卒業、受講前の仕事:教員、受講後の仕事:転職活動中、 Twitter認証済み
5

私は本格的な転職活動ができていないが、卒業生は納得の行く転職ができているよう。
就職支援は受講期間が終わった後もしてもらえる。ビジネスサイドの人もいて、履歴書の添削や自己分析、模擬面接などをしてくれる。
また、スクールとは別で企業選考カリキュラムがあり、合格することで提携会社に書類を提出することができるものがある。

回答日:2020年06月19日
回答者:2020/7卒業、受講前の仕事:エンジニア(運用保守)、受講後の仕事:Railsエンジニア、 Twitter認証済み
5

私自身がRUNTEQ経由で転職をしていないので具体的には話せないので、他の受講生がどのように支援を受けていたかを記載致します。
まず、就職・転職に際して、自己分析の面談や履歴書・自己PRの添削、面談練習など、希望を出せば対応をしてくださいます。細かい質問はslackのチャンネルなどで気軽に聴くこともできます。
充実したカリキュラムと、徹底した就職・転職サポートがあるため、しっかり取り組めば成果は出る環境となっていると思います。

回答日:2020年07月26日
回答者:2020/8卒業、受講前の仕事:技術職、受講後の仕事:求職中、 Github認証済み
3

まだ転職活動が始まっていないのでなんともいえないため星3つとした。ただ、担当のキャリアアドバイザーの方は現在(2020年8月)の厳しい転職市場を踏まえた上で現実的な戦略をねってくれている感じはする。げ

回答日:2020年08月09日

カリキュラムに関する評判

回答者:2020/6卒業、受講前の仕事:教員、受講後の仕事:転職活動中、 Twitter認証済み
5

初心者向けのカリキュラムが最近公開された(やっていないのでここでは書かない)。
Rails基礎編のレベルはRailsチュートリアルを終えた程度。難易度は低くないので、人によっては時間がかかるかもしれないが、これ以上無理となったときは途中で解答を見ることもできる。
カリキュラムは永続的に受講/閲覧でき、解説も随時更新されている。

基本的なカリキュラムの他に、SQL, AWS, RSpec, ネットワーク基礎やマーケティングについての課題がある(資料を見てデプロイしたり、PRで提出したり)。
また、運営会社が行う勉強会に参加したり(レベルが高いので、よくわからないこともある)、毎週いろんな講座をzoomで行っている(録画あり)

回答日:2020年06月19日
回答者:2020/7卒業、受講前の仕事:ライン工、受講後の仕事:RPAエンジニア、 Twitter認証済み
5

3ヶ月目のポートフォリオを、自由に作成出来ることが魅力的だった。また、2ヶ月目のチーム開発ではTrello(元々付箋を使用)を用いるよう指示されるなど、カリキュラムの改訂をこまめにしているように感じた。
教材に関しては、丁寧で分かりやすい。一部、教材のレイアウトが分かりにくい箇所があったが、運営部のカリキュラム改訂の対応が早いため、満足度が高かいと感じた。

回答日:2020年07月29日
回答者:2020/7卒業、受講前の仕事:エンジニア(運用保守)、受講後の仕事:Railsエンジニア、 Twitter認証済み
5

カリキュラムは実務にのっとったやり方で作成されており、Git flow形式で機能追加を行い、プルリクエストを作成して自動レビューまたは講師のレビューを受け進めていくという流れになっています。
カリキュラムには受講生の自走力を鍛えるために、細かい指示までは書かれておらず、自分自身で考えて調べて実装する必要がある内容となっています。そのため、プログラミングの技術を学びながら自分で考える力をつけられることが強みだと思います。

回答日:2020年07月26日
回答者:2020/8卒業、受講前の仕事:技術職、受講後の仕事:求職中、 Github認証済み
3

Ruby on Railsに関する教材はわかりやすい。ただ、それ以外のJava Script等の言語に関しては内容が薄くて情報が古いところも多々ある。初心者がつまづきやすいデプロイを細かく説明してくれるのはありがたい。

回答日:2020年08月09日

講師・指導に関する評判

回答者:2020/6卒業、受講前の仕事:教員、受講後の仕事:転職活動中、 Twitter認証済み
5

現役のエンジニアが教えてくれる。現場ではどんな書き方が使われているか、なぜその書き方ではよくないのかまで教えてもらえる。
どのような観点でデバッグを行い、どのような質問の仕方をすればいいのかまで指導してもらえる。
また、ポートフォリオなどカリキュラム外の内容でも深い部分まで教えてもらえるのがよかった。

回答日:2020年06月19日
回答者:2020/7卒業、受講前の仕事:ライン工、受講後の仕事:RPAエンジニア、 Twitter認証済み
5

当然だが、日によってバラツキがある。
1ヶ月目に質問したメンター(学生さん)で内容を理解していない方がいらっしゃったが、2,3ヶ月目は指導力の高いメンター(学生さんやエンジニア)がいらっしゃり、大変勉強になった。聞いた事以上の事も教えて頂けるため、全体的に満足度は高い。

回答日:2020年07月29日
回答者:2020/7卒業、受講前の仕事:エンジニア(運用保守)、受講後の仕事:Railsエンジニア、 Twitter認証済み
5

講師の方は全員現役で働かれているrailsのエンジニアの方です。RUNTEQを運営しているスタートアップテクノロジーという会社のエンジニアの方と、外部で働かれている方で構成されています。
質問がある際はslackにて講師の方に連絡を入れ、営業時間内であればすぐ画面共有や通話にて質問をすることができます。また質問の回答について、答えを教えるということはなく、答えにたどり着くまでのヒントを与え受講生に考えてもらうというスタンスなので、自走力が鍛えられます。
対応はどなたも丁寧に答えてくださいます。

回答日:2020年07月26日
回答者:2020/8卒業、受講前の仕事:技術職、受講後の仕事:求職中、 Github認証済み
5

エンジニアメンターの方々は、期待した以上の回答を返してくれるので大満足である。
学生メンターの方々もカリキュラムの内容には精通しているので、良かった。
教えるのが好きな人が多い印象で、プログラミングの楽しさを感じられる。

回答日:2020年08月09日

指導形態に関する評判

回答者:2020/6卒業、受講前の仕事:教員、受講後の仕事:転職活動中、 Twitter認証済み
5

課題のレビューは自動で行い、要件を満たしているか判断される。その後、記述の仕方やポイントなどを確認して自分で改めるという流れ。
わからない点などがあれば随時質問ができる。その後、自分の言葉でアウトプットするように指導される。

回答日:2020年06月19日
回答者:2020/7卒業、受講前の仕事:ライン工、受講後の仕事:RPAエンジニア、 Twitter認証済み
5

【1,2ヶ月目】オフライン
質問から対応までで、待つ時間は少なかったように感じます。長くても10分程度。3,4回あるかないか。
【3ヶ月目】オンライン
1度だけ、50分程度待った事がありますが、概ね10分程度の待ち時間。質問後、その日中に対応して頂けなかったという状況は1度もありません。

回答日:2020年07月29日
回答者:2020/7卒業、受講前の仕事:エンジニア(運用保守)、受講後の仕事:Railsエンジニア、 Twitter認証済み
5

受講生が現場で通用するように自走力を鍛えるという方針で運営されています。
そのため答えを教えるということはなく、解決にたどり着くための思考や考え方を中心に教えていただけます。また講師数も多いため、日替わりで担当され、営業時間内であれば質問が滞るということはないです。

回答日:2020年07月26日
回答者:2020/8卒業、受講前の仕事:技術職、受講後の仕事:求職中、 Github認証済み
3

エンジニアメンターに質問できる時間が限られているのが(平日は19時以降)、少し不便だった。
また、そこに対する事前説明もなかったので、これから通うことを考えている人はその点も把握しておくと良いと思う。

回答日:2020年08月09日

口コミだけでは、本当に自分にあったスクールなのか判断することはできません
あくまでも口コミは、投稿者の主観に基づく情報です。

まずは説明会に参加して、ご自身に最適なスクールであるか検討することをおすすめします。

※無料説明会のみならお金は一切かかりません

※無料説明会はいつ終わるのかわからないのでお早めに


他のスクール比較を見る

すべての比較を見る

カリキュラムに関する評価の比較に関しては、ランテック(RUNTEQ)の方がウェブキャンプ(DMM WEBCAMP)より0.7点高い結果となっております。

講師・指導に関する評価の比較に関しては、ランテック(RUNTEQ)の方がウェブキャンプ(DMM WEBCAMP)より0.2点高い結果となっております。

指導形態に関する評価の比較に関しては、ランテック(RUNTEQ)の方がウェブキャンプ(DMM WEBCAMP)より0.7点高い結果となっております。

就職・転職支援に関する評価の比較に関しては、ランテック(RUNTEQ)の方がウェブキャンプ(DMM WEBCAMP)より0.7点高い結果となっております。

コスパに関する評価の比較に関しては、ランテック(RUNTEQ)の方がウェブキャンプ(DMM WEBCAMP)より1.2点高い結果となっております。

卒業後の推定年収比較に関しては、ランテック(RUNTEQ)の方がウェブキャンプ(DMM WEBCAMP)より61万円高い結果となっております。

ヒカクチとは?

ヒカクチとは、プログラミング初心者やエンジニアとしての就職を考える大学生・転職を検討している社会人、フリーランスの方といったプログラミングを学びたい様々な方が、プログラミングスクールの評判や口コミを閲覧・比較できるサービスです。

実際に受講をした方のリアルな声を紹介し、プログラミングスクールを選択する際に、目的にマッチしたおすすめのプログラミングスクール・コースが見つけられるようサポートしております。

ヒカクチはこんな方におすすめ

  • プログラミング初心者でおすすめのプログラミングスクールを知りたい方
  • 目的は決まっているが、スクール選択の決め手が見つからない方
  • とりあえず様々なプログラミングスクールを見て、比較・検討したい方

各スクールのページには、資料請求や無料説明会等のご案内も掲載しておりますので、比較・検討からワンストップで目当てのスクールにアクセスできます。

ヒカクチの強み

①リアルな受講生の声が見れる!

TECHCAMP(テックキャンプ)、TechAcademy(テックアカデミー)、CodeCamp(コードキャンプ)など、プログラミングスクールに実際に受講された方からの評判・口コミ情報を掲載しております。 中立・公平性を維持するために弊社では口コミ内容の修正、削除は原則行っておりません。

②目的にあったプログラミングスクールが見つかる!

ヒカクチでは、エンジニアとして就職や転職するためといった目的別検索や、オンライン受講や無料受講等スクールの特徴別検索、またRubyやJava、Pythonなどの言語別検索など、様々な角度からプログラミングスクールを調べて比較することができます。

更に基本情報となるような、受講期間や価格などについても取り扱っております。様々な角度から比較、検討して頂き、評判・口コミを合わせて、あなたにピッタリのプログラミングスクールを探してみてください。