DIVE INTO CODEとテックアカデミー(TechAcademy)の口コミ・評判を比較

総合評価
DIVE INTO CODE: 5.0
テックアカデミー: 3.8
コスパ
DIVE INTO CODE: 5.0
テックアカデミー: 3.8
就職・転職支援
DIVE INTO CODE: 5.0
テックアカデミー: 3.6
カリキュラム
DIVE INTO CODE: 5.0
テックアカデミー: 4.0
講師・指導
DIVE INTO CODE: 5.0
テックアカデミー: 3.9
指導形態
DIVE INTO CODE: 5.0
テックアカデミー: 3.8
▶ DIVE INTO CODEの評判を見る
▶ テックアカデミー(TechAcademy)の評判を見る

DIVE INTO CODE・テックアカデミーより総合評価が高いスクールはこちら

DIVE INTO CODEの総合評価:5.0(5件)

テックアカデミーの総合評価:3.8(105件)

\\ ランキング第1位 //
ポテパンキャンプ(POTEPAN CAMP)
4.650件

評価が平均より高い項目

こんな人におすすめ

実際の口コミ

「スクール側が就職、転職したら全額キャッシュバックなので、本気で目指すならこれ以上ない環境だと思います。結構な実力が身につき、値段的にも良心的だと思うのでコストパフォーマンスは抜群にいいと思い、大変満足しています。」

いますぐ無料カウンセリングを受けたい場合は👇

\ TRY NOW /
▶ 無料カウンセリングを受けてみる

※無料カウンセリングのみならお金は一切かかりません
※無料カウンセリングはいつ終わるのかわからないのでお早めに

\\ ランキング第2位 //
ウェブキャンプ(DMM WEBCAMP)
4.315件

評価が平均より高い項目

実際の口コミ

「-(5万〜10万)で金額に見合っていると感じます。スクール生に対して運営側の人数が少ないと感じた為。また、通学するのであれば、分割より一括で支払う方が良いと思われます。24回払いでスクール代+約10万(分割手数料)となる為。」

いますぐ無料カウンセリングを受けたい場合は👇

\ TRY NOW /
▶ 無料カウンセリングを受けてみる

※無料カウンセリングのみならお金は一切かかりません
※無料カウンセリングはいつ終わるのかわからないのでお早めに

▶ 全ての比較を見る

DIVE INTO CODE

DIVE INTO CODEの特徴

就職や転職を考えている方ならDIVE INTO CODE!

プロのエンジニアとして就職をするためのコースが充実しているオンラインでマンツーマンで学べるスクールです。経済産業省の第四次革命スキル習得口座として認定されており、教育訓練支援給付金の対象講座にもなっています。DIVE INTO CODEは3種類のコースがあり、エンジニアとして就職を目指すWEBエンジニアコース(就職達成プログラム)、自信でWEBアプリを開発したいWEBエンジニアコース(ベーシックププログラム)、機械学習をしたい人向けのコースがあります。年齢制限がないため、学生から社会人まで誰でも受講することができるもの大きな魅力です。

DIVE INTO CODEはこんな人におすすめ

  • 学生で就職を考えている方
  • オンライン完結で自分のペースで学びたい方
  • 就職サポートを受けた方

DIVE INTO CODEで学べる言語

HTMLCSSRubySQLPythonJavaScript
無料説明会に申し込む(1分)

テックアカデミー(TechAcademy)

テックアカデミー(TechAcademy)の特徴

オンライン受講メインなら、オンラインプログラミングスクール受講者数No.1・教育特別部門賞を受賞のTech Academy(テックアカデミー)

オンライン完結の運営体制で、学習時間や場所に縛られることなく学習を進めることができます。

様々なプログラミング言語・デザイナーコースの学習プログラムに加え、マネジメントコースというディレクター育成コースも用意されているため、どのような学習目的にも柔軟に対応して学習を進めることができます。

またメンターについては、現役エンジニアがマンツーマンでサポートにつき、週2回のメンタリングを受けることができます。 他社ではインターンシップ生やアルバイトがメンターになっているケースもありますが、現役エンジニアということもあり、メンタリングのクオリティは比較的高いものであると考えられます。

また学習だけでなく、転職のサポートも実施しており、専属キャリアカウンセラーがサポートを担当しています。

受講に懸念がある場合は、プログラミング無料体験会を実施しており、カリキュラムやメンターサポートを実際に受けることができるので、ぜひ活用してみてください。

テックアカデミー(TechAcademy)はこんな人におすすめ

  • 時間や場所に縛られずに学習していきたい方
  • プログラミングだけでなく、ディレクションについても学びたい方
  • 実績のある信頼できるメンターと学習を進めていきたい方

無料説明会に申し込む(1分)

コスパに関する評判

回答者:2020/6卒業、受講前の仕事:薬剤師、受講後の仕事:バックエンドエンジニア、フロントエンドエンジニア、 Twitter認証済み
5

通学をすることで、同期で良い感じに競い合って進めていけました。卒業後も質問ができたりコミュニティ活動も活発なので、横のつながりを作るのに良いと感じました。他スクールと比べるとやや高めの設定であるが、長い目で見るとコスパはやや良いと感じました。

回答日:2020年06月27日
回答者:2020/12卒業、受講前の仕事:安全性管理業務、受講後の仕事:Web系エンジニア、 Twitter認証済み
2

基本的に調べたらわかる事ばかりですが、何から始めたら良いか?分からない人にとっては色々やってくれる。

回答日:2020年12月11日

就職・転職支援に関する評判

回答者:2020/6卒業、受講前の仕事:薬剤師、受講後の仕事:バックエンドエンジニア、フロントエンドエンジニア、 Twitter認証済み
5

就職サポートの担当がいます。自分は利用しなかったですが履歴書、職務経歴書のレビューや面接の対策や練習をしています。自分の興味のある分野や進みたい方向を相談していて、関連のある企業からの募集を直接教えていただき、結果としてそれが就職に繋がりました。当然ですが、受身の姿勢だと就職サポートの利点を十分に応需できないかもしれないです。

回答日:2020年06月27日

カリキュラムに関する評判

回答者:2020/6卒業、受講前の仕事:薬剤師、受講後の仕事:バックエンドエンジニア、フロントエンドエンジニア、 Twitter認証済み
5

プロゲートで予習をしてから挑みました。予習なしだと少し難しく感じるかもしれません。テキストは全体的に丁寧でわかりやすいと感じました。内容は基本的なHTML、CSS、js、SQLなどからRuby on Railsを学びました。要件定義から、実装、heroku、AWSでのデプロイまで網羅されています。課題が後半になるにつれて自分で調べて進めていく自走力が必要になってきます。

回答日:2020年06月27日
回答者:2020/12卒業、受講前の仕事:安全性管理業務、受講後の仕事:Web系エンジニア、 Twitter認証済み
2

初心者には、わかりにくいカリキュラムでした。どこにどのコードを書いたら良いか分からない。経験者ならすぐに分かるかもしれませんが、未経験者には、厳しいカリキュラムでした。

回答日:2020年12月11日

講師・指導に関する評判

回答者:2020/6卒業、受講前の仕事:薬剤師、受講後の仕事:バックエンドエンジニア、フロントエンドエンジニア、 Twitter認証済み
5

メンターのレベルはややばらつきがありますが、人を選んで質問することで特に問題にならなかったです。現役エンジニアや技術書の著者の方もいます。ワークについては、メンター主導の講義は並程度、外部エンジニアのワークはかなりレベルが高いと感じました。

回答日:2020年06月27日
回答者:2020/12卒業、受講前の仕事:安全性管理業務、受講後の仕事:Web系エンジニア、 Twitter認証済み
2

受講生に対して丁寧に指導して頂けます。時間の許す限り時間を使ってくれます。エンジニアの働き方なども指導してくれます。

回答日:2020年12月11日

指導形態に関する評判

回答者:2020/6卒業、受講前の仕事:薬剤師、受講後の仕事:バックエンドエンジニア、フロントエンドエンジニア、 Twitter認証済み
5

通学コースでした。基本的に自習で、わからなくなったらメンターに質問するスタイルです。週に1回、1時間半程度のワークがありディスカッションやグループワーク、現役エンジニアからコードレビューなどがあります。個人的にはこのワークが有意義に感じました。

回答日:2020年06月27日
回答者:2020/12卒業、受講前の仕事:安全性管理業務、受講後の仕事:Web系エンジニア、 Twitter認証済み
2

週2回のメンタリングがあるので、進捗は進みます。しかし、自分のメンタルが必要だと思います。何回か挫折しそうでした。

回答日:2020年12月11日

口コミだけでは、本当に自分にあったスクールなのか判断することはできません
あくまでも口コミは、投稿者の主観に基づく情報です。

まずは説明会に参加して、ご自身に最適なスクールであるか検討することをおすすめします。

※無料説明会のみならお金は一切かかりません

※無料説明会はいつ終わるのかわからないのでお早めに


他のスクール比較を見る

すべての比較を見る

カリキュラムに関する評価の比較に関しては、DIVE INTO CODEの方がテックアカデミー(TechAcademy)より1.0点高い結果となっております。

講師・指導に関する評価の比較に関しては、DIVE INTO CODEの方がテックアカデミー(TechAcademy)より1.1点高い結果となっております。

指導形態に関する評価の比較に関しては、DIVE INTO CODEの方がテックアカデミー(TechAcademy)より1.2点高い結果となっております。

就職・転職支援に関する評価の比較に関しては、DIVE INTO CODEの方がテックアカデミー(TechAcademy)より1.4点高い結果となっております。

コスパに関する評価の比較に関しては、DIVE INTO CODEの方がテックアカデミー(TechAcademy)より1.2点高い結果となっております。

卒業後の推定年収比較に関しては、DIVE INTO CODEの方がテックアカデミー(TechAcademy)より50万円高い結果となっております。

ヒカクチとは?

ヒカクチとは、プログラミング初心者やエンジニアとしての就職を考える大学生・転職を検討している社会人、フリーランスの方といったプログラミングを学びたい様々な方が、プログラミングスクールの評判や口コミを閲覧・比較できるサービスです。

実際に受講をした方のリアルな声を紹介し、プログラミングスクールを選択する際に、目的にマッチしたおすすめのプログラミングスクール・コースが見つけられるようサポートしております。

ヒカクチはこんな方におすすめ

  • プログラミング初心者でおすすめのプログラミングスクールを知りたい方
  • 目的は決まっているが、スクール選択の決め手が見つからない方
  • とりあえず様々なプログラミングスクールを見て、比較・検討したい方

各スクールのページには、資料請求や無料説明会等のご案内も掲載しておりますので、比較・検討からワンストップで目当てのスクールにアクセスできます。

ヒカクチの強み

①リアルな受講生の声が見れる!

TECHCAMP(テックキャンプ)、TechAcademy(テックアカデミー)、CodeCamp(コードキャンプ)など、プログラミングスクールに実際に受講された方からの評判・口コミ情報を掲載しております。 中立・公平性を維持するために弊社では口コミ内容の修正、削除は原則行っておりません。

②目的にあったプログラミングスクールが見つかる!

ヒカクチでは、エンジニアとして就職や転職するためといった目的別検索や、オンライン受講や無料受講等スクールの特徴別検索、またRubyやJava、Pythonなどの言語別検索など、様々な角度からプログラミングスクールを調べて比較することができます。

更に基本情報となるような、受講期間や価格などについても取り扱っております。様々な角度から比較、検討して頂き、評判・口コミを合わせて、あなたにピッタリのプログラミングスクールを探してみてください。