作成日:2020/07/25 | 更新日:2020/10/03

プログラミングを学びたいと思ったとき、「どのように学んだらいいかわからない」や、「プログラミングスクールを利用したいけど、どんな基準で選べばいいの?」といったことで、お悩みの方も多いのではないでしょうか。

基本的にプログラミングスクールを利用するとなると、費用はかかるし、学習時間も割く必要があり、転職なども視野に入れると極論、人生を変える選択になります。そんな大事な選択の第一歩では、慎重に吟味してプログラミングスクールを選んでいきたいのではと思います。

この記事では、プログラミングスクールなどの基礎知識をスクールのタイプ別に解説します。また個別のスクールについてはそれぞれの特徴や料金を紹介し、実際に通った方の口コミも見れるようにしています。

人気の高いスクールを中心に扱っているので、この記事を読むだけで、プログラミングスクールの仕組みからおすすめのスクールまで知ることができると思います。

1. タイプ別プログラミングスクールの特徴と違い

一口にプログラミングスクールといっても、様々な種類があります。

しかし全てのプログラミングスクールは分類すると、大きく4つのタイプに分かれますので、ここでは4つのタイプ別に解説をしていきたいと思います。

1.1 オンライン型と教室型の特徴と違い

まずは大きな分類としては、オンラインで学ぶプログラミングスクールと教室に通学して学ぶプログラミングスクールで分かれます。オンラインのプログラミングスクールの特徴としては、下記の2点が挙げられます。

  • 全国好きな場所・タイミングで受講することができる
  • 教室型に比べて、比較的費用が安い

まず、全国好きな場所・タイミングで受講することができるというのは、オンラインの特性上、実現可能になっています。インターネット環境さえ整っていれば、どこでも受講できるので、自宅や職場近辺にスクールがない場合も問題ありません。またお仕事をされている方は、学習に割ける時間も限られていますが、ご自身のタイミングで進めることができるので、ここは大きなメリットと言えると思います。

また、一概には言えませんが、基本的にオンライン型のスクールの方が、比較的安い費用で受講することができます。これはスクール側がスクールの維持費として、教室の家賃支払いや機材を用意する必要がないため、コストを抑えることができているために実現ができています。比較的安くでプログラミングを学習したい方はオンラインで学ぶ方が適していると言えるでしょう。

続いて、教室型のプログラミングスクールの特徴としては、下記の2点が挙げられます。

  • 講師にその場ですぐに質問することができる
  • 一緒に学ぶ仲間ができる

講師にその場ですぐに質問することができるというのは、教室型のスクールでは、基本的に講師の方がその場にいるケースがほとんどです。そのため、学習中つまづくことがあった場合でも、その場ですぐに解消することが可能です。また、教室では同じような境遇でプログラミングを学ぶ生徒が多く、一緒に学習を進めていく上で、お互いに支え合う関係になることも多いです。プログラミングを学習する上で、モチベーションの維持は大きな課題のひとつです。一人では継続できないという方は、教室で一緒に学ぶ仲間がいた方が良いかも知れません。

1.2 有料スクールと無料スクールの特徴と違い

次の大きな分類としては、有料で受講するスクールと、無料で受講するスクールが挙げられます。有料で受講するスクールの特徴については、下記の2点が挙げられます。

  • 学べる言語が幅広く用意されている
  • サポート体制が充実している

学べる言語が幅広く用意されているのは、無料スクールでは転職することを前提にカリキュラムが組まれていることが多く、転職先として提携している企業で使用されている言語を重点的に学ぶカリキュラムが用意されていることがほとんどです。そのため、無料のスクールでは自分の関心のある言語を取り扱っていない場合もあり、その点有料のスクールでは幅広い言語から選択することができます。

サポート体制については、最近では無料のスクールでも充実しているところが多くなっていますが、やはり有料のスクールの方がチャット対応等充実しているケースが多いように感じます。一人で学習することに不安を持っている方は、サポート体制が充実している有料のスクールを選択することをおすすめします。

次に無料で受講するスクールの特徴については、下記の2点になります。

  • 受講にかかる費用をタダで抑えることができる
  • ほぼ確実に転職することができる

費用については、文字通り無料に抑えることができます。「なぜ無料でプログラミングスクールを利用することができるの?理由は?」と気になる方も多いと思います。これは、スクールの収益体制の違いから生じており、無料で授業を受講できる代わりに、生徒にスクールが提携している企業を紹介して就職、または派遣として仕事をしてもらう仕組みになっています。スクール側はその際に企業から紹介料をもらうことで、収益を生み出しています。そのため、利用者からお金を貰う必要がなく、無料のプログラミングスクールを運営することができています。またほぼ確実に転職ができるというのは、上記で書いている通り、無料のスクールは、企業と提携を結んでおり、受講後生徒がその企業で働くことを前提に運営をしています。そのため、本人が望む場合はほぼ確実に転職をすることができます。

2. プログラミングスクールの選び方

ここまでは、プログラミングスクールを大きく4つのタイプに分類して、特徴と違いについて解説してきました。プログラミングスクールについて、理解したところで次に悩むポイントとしては、「どのように選ぶといいのか?」だと思います。そのため、ここからはプログラミングスクールをどのように選ぶと良いのかについて、4つの観点から解説しようと思います。

2.1 まずはプログラミングを学ぶ目的を明確にしよう

プログラミングスクールを選ぶ上で、一番大切なのは、「なぜ、プログラミングを学ぶのか」と目的を明確にすることです。何をするにしても、目的が定まっていないと、ダラダラと時間と労力がかかってしまい、スキルも身につかず、結局道半ばで挫折してしまいます。そのため、何を目的にプログラミングを学ぶのかをしっかりと考える必要があります。

2.2 プログラミングで実現したいことから考える

前項で、目的を明確にすることをおすすめしましたが、一方で「目的ってどのように考えればいいの?」と迷ってしまう方もいるかも知れません。このような場合は、シンプルにプログラミングを通じて、何を実現したいのかを考えるといいでしょう。

例えば、「エンジニアに転職したい」であったり、「フリーランスとして独立したい」といった仕事についての目的や、「Webサービスを作りたい」、「スマホアプリを作りたい」といった作りたいことから目的を定める場合もあるでしょう。

あくまで目的は十人十色なので、人によって異なるとは思いますが、まずは何を実現したいかをベースに考えることが第一歩だと思います。

2.3 市場ニーズの高いプログラミング言語から考える

やりたいことが定まったら、次は別の観点からプログラミングについて考えてみましょう。特に転職したい、フリーランスとして独立したいと考えている方は、市場でどのようなエンジニアが求められているかを把握しておくことは、とても重要だと言えます。

近年の求人情報から見た人気の言語ランキングでは、Javaが約30%以上を占めており、続いてPHPが約15%、Rubyが約9%となっております。Javaは拡大傾向、PHPは減少傾向とのことで、また最近では、AIの需要も高まっており、Pythonの求人も増えています。

このように世の中のトレンドによって、市場ニーズは変動していきます。短期的な市場ニーズだけでなく、中長期的な世界のテクノロジートレンドを事前に調査していると、何を学ぶと良いかが見えてくるでしょう。

2.4 実際に利用した人の口コミを見てみよう

これまでは、自分がやりたいことや市場のニーズから学ぶべき言語についての考え方を紹介してきました。これで学ぶべき言語を絞り込めたと思いますが、実際にその言語が学べるプログラミングスクールも大抵は複数あります。

そのため、最後は実際に通った人の口コミを確認することが重要です。カリキュラムや指導形態、講師の対応、コスパ、また転職を考えている方は転職支援についてなど確認できるといいでしょう。口コミのリアルな評価を見ることで、自分の期待値を調整していくことが大切です。どのスクールも一長一短で、決めづらいと感じるかも知れませんが、目的がはっきりしていれば、プログラミングスクールに対して譲れる条件と譲れない条件の線引きができると思います。

このように目的・市場ニーズ・口コミの3点から、どのプログラミングスクールを利用するか考えると、通ってからのズレもなく、満足のいく学習ができるでしょう。

3. プログラミングスクールを利用する際の注意点

前項まで、タイプ別プログラミングスクールの特徴・違い、その選び方について解説をしてきました。プログラミングの学習において、スクールの利用には様々なメリットがある反面、あらかじめ気をつけておく点もあります。下記では注意点を3点ピックアップしているので参考にしてみてください。

3.1 モチベーションの維持ができるか意識しよう

プログラミングの学習は基本的にコードを書いて、ミスを改善しての繰り返しです。そのため、地道な努力とそれを維持するモチベーションが大切です。逆に維持できないと不安な場合は、一緒に勉強を続けていく仲間を作ることが、ひとつの解決策と言えます。

最近では、SNSを用いて仲間を作る人も増えています。コミュニティーに参加して進捗を共有していくことも良いでしょう。もし上記のような対策を行っても、モチベーションが維持出来ない場合は、そもそもプログラミング学習には向いていないかもしれません。

3.2 未経験でも全くの初心者だとついていけないかも

プログラミングを学習する方は誰しもが初めは初心者です。しかしプログラミングスクールのカリキュラムでは、全くの初心者を対象としていないケースも散見されます。例えば、そもそもプログラミングとは何なのか、コードの基本的な書き方など、それがわかっている前提で学習が始まることがあります。

そのため、プログラミングスクールに通う前に、Progateなどの無料で学べるツールで、本当に基礎的な部分を先に抑えておくといいでしょう。

▶ Progate公式サイトに行く

3.3 必ず転職ができるわけではない

また転職目的でプログラミングを学習しようと考えている方に特に気を付けて頂きたいのが、プログラミングスクールを利用したからといって、確実に転職ができるわけではないということです。転職市場でエンジニアの価値は依然として高いと言われていますが、実務経験がある人の方が市場価値は高いです。

そのため、プログラミングスクールで一通り学習をしたとしても、それがそのまま市場価値に直結するかはまた別問題と言えます。どうしても転職をしたいのであれば、転職保証をサービスとしているスクールを選ぶことをおすすめします。

4. 目的別おすすめプログラミングスクールを紹介

さて、これまではプログラミングスクールについて、様々な観点から解説を行ってきました。ここからはいよいよ実際におすすめできるプログラミングスクールについて、紹介していきたいと思います。下記では、目的別にスクールをピックアップしていますので、是非参考にして見てください。

4.1 エンジニアに転職したい・フリーランスになりたい

エンジニアへの転職を目指す人は、まず転職サポートが充実しているかが最も重要なポイントです。またフリーランスとして独立したい人にとっては、市場価値の高い言語を学べるかが、大切でしょう。そのような方々におすすめのプログラミングスクールは下記になります。

概要

転職率は99%を誇るあのホリエモンも絶賛したといわれるスクールです。しかもなんと転職ができなかった場合は全額返金の保証がされる徹底ぶりです。

教室に通うこともできますが、時間がない近くに教室がない方のためにオンラインでの受講も可能です。

この脅威の転職率を支えているのは、エンジニアのスキルだけではなくキャリアカウンセラーが常にいるからです。転職をする時に心配なことはいつでも相談にのってくれるので安心してスキル向上に取り組むことが可能です。

学べる言語

HTML・CSS・Javascript・SQL

口コミ

テックキャンプの口コミ・評判を見る

TECH CAMP公式ページ
概要

未経験であっても、ITエンジニアを目指す人によって、オンラインにてマンツーマンでしっかりとしたサポートをしてくれるスクールです。転職成功率は97.8%となっており、転職に必要なスキル以外にもを学びます。オンラインでレッスンを進めるため、社会人で現在就職をしている方でも、あいた時間にレッスンを受けることもできますし、すでに仕事を辞めていて短期間でスキルを身に着けたい人には短期集中スケジュールがあります。10時~21時まで講師が待機しているので、困ったことがあればいつでもオンラインで対応してくれます。

学べる言語

PHP・Java・Ruby・SQL

口コミ

GEEK JOBの口コミ・評判を見る

GEEK JOB公式ページ
概要

ポテバンキャンプでは、現役のエンジニアが50名以上在籍しており、現場で必要な技術を教えてくれます。技術以外にもエンジニアになるにあたりわからない点など、いつでも聞くことができるので安心です。

ポテバンキャンプの受講者の90%は20代、また未経験者です。そのため全くエンジニアに関する知識がなくても安心して受講をすることができます。

これまで多くの企業に卒業者を排出しており、企業が求める人材を育てることに力をいれています。転職サポートサービスとして1万人以上の利用者が登録しており、カリキュラムが充実しています。

学べる言語

HTML・CSS・JavaScript・Ruby

口コミ

POTEPAN CAMPの口コミ・評判を見る

POTEPAN CAMP公式ページ
概要

tech boostでは4つの受講動機「エンジニアへ就職・転職したい」「フリーランスとして独立したい」「起業を目指したい」「教養として学びたい」を切り口に、プロのカウンセラーと相談しながら自分の目標に応じた学習コンテンツや期間がオーダーメイドできます。

キャリア形成を無料相談できるほか、卒業後でも「カリキュラム閲覧」「教室利用OK」「オンラインコミュニティの継続利用」などのサポートを受けることができます。

受講スタイルは、「通学」「オンライン」から選ぶことができます。

独立に特化した支援サービス「Midworks」に所属するプロのエージェントにより独立サポートを受けられます。

学べる言語

HTML・CSS・Ruby・PHP・SQL

口コミ

tech boostの口コミ・評判を見る

tech boost公式ページ
概要

オンラインと通学両方から選べる教室です。親身なキャリアサポートが充実しているので、キャリアカウンセラーと面談を何度でも受けることができます。IT関連の求人を1000件,以上持っているので、転職や就職希望の方でも安心です。時間がある方であれば、4カ月みっちりレッスンを受けることによりプログラミングのスキル習得するプランもあります。HTMLやCSS,JavaScriptなどのプログラミング言語やWordPress、jQueryなどのフレームワークの習得も可能です。

学べる言語

HTML・CSS・Python

口コミ

Code Shipの口コミ・評判を見る

Code Ship公式ページ

4.2 できるだけ安く費用を抑えたい

プログラミングスクールを安い費用で利用したいと考えている方は、無料のスクールを中心に見ていくと良いと思います。強制的に転職させられてしまうのでは、と心配する方もいるでしょうが、無理に転職する必要もありません。また無料は不安だという方は、有料スクールも視野に入れて検討すると良いでしょう。そのような方々におすすめのプログラミングスクールは下記になります。

概要

未経験であっても、ITエンジニアを目指す人によって、オンラインにてマンツーマンでしっかりとしたサポートをしてくれるスクールです。転職成功率は97.8%となっており、転職に必要なスキル以外にもを学びます。オンラインでレッスンを進めるため、社会人で現在就職をしている方でも、あいた時間にレッスンを受けることもできますし、すでに仕事を辞めていて短期間でスキルを身に着けたい人には短期集中スケジュールがあります。10時~21時まで講師が待機しているので、困ったことがあればいつでもオンラインで対応してくれます。

学べる言語

PHP・Java・Ruby・SQL

口コミ

GEEK JOBの口コミ・評判を見る

GEEK JOB公式ページ
概要

HTML、CSSなどの基礎的なことからRuby on Rails, JavaScriptなどWEBエンジニアとして必要なことを学ぶことができます。さらに応用編のコースもあり、バグ修正やコードリ―ティングのスキルなど実践に必要なスキルを身に着けていきます。

レッスン以外にも学習サポートが充実しており、自分で解答をみて見直しをしたり、課題に関連するヒントを確認することもできます。とくに初心者にとって、よくある間違いを確認することによって効率的に勉強をすることができます。

学べる言語

HTML・CSS・Ruby・JavaScript

口コミ

RUNTEQの口コミ・評判を見る

RUNTEQ公式ページ
概要

オンラインで全てのカリキュラムを行うスクールであり、現役エンジニアからマンツーマンで受講することができます。毎日7:00~23:40までレッスンを受講することができるので、普段忙しい社会人の方でも受講をすることができます。CodeCamp受講生には、転職や就職のサポートもあるため、今後のキャリアについても相談をすることができます。全くの初心者であっても、勉強をすることも可能です。独学で勉強をしていて、なかなか進まない方にもおすすめのスクールです。

学べる言語

HTML・CSS・JavaScript・Java・PHP・SQL・Ruby・Swift・Python

口コミ

CodeCampの口コミ・評判を見る

CodeCamp公式ページ

4.3 Webサービスをつくりたい

Webサービスをつくりたいと考えている方は、それに適したプログラミング言語を選択して学習することをおすすめします。Webサービスをつくる上で、適した言語はHTMLやJava、Ruby、PHPなどが代表的な言語になります。上記の言語が重点的に学べるおすすめのプログラミングスクールは下記になります。

概要

オンライン完結型のスタイルをとっており、仕事や学校などで忙しく通うことができない方でも安心です。

第13回日本e-learning大賞のプログラミング教育特別部門賞を受賞しており、そのノウハウには定評があるのです。どのようなコースを受講していいかわからない方には、コース診断をしてくれるので安心です。

IT業界への転職を考えている人にとっても、未経験からで12週間でエンジニアを目指すコースがあり転職が決定しないと授業料が全額返金される保証制度もあって安心です。

学べる言語

HTML・CSS・PHP・SQL・Ruby・JavaScript・Swift・Kotlin・C#・Solidity・Python・Scala・Java

口コミ

TechAcademyの口コミ・評判を見る

TechAcademy公式ページ
概要

オンラインで全てのカリキュラムを行うスクールであり、現役エンジニアからマンツーマンで受講することができます。毎日7:00~23:40までレッスンを受講することができるので、普段忙しい社会人の方でも受講をすることができます。CodeCamp受講生には、転職や就職のサポートもあるため、今後のキャリアについても相談をすることができます。全くの初心者であっても、勉強をすることも可能です。独学で勉強をしていて、なかなか進まない方にもおすすめのスクールです。

学べる言語

HTML・CSS・JavaScript・Java・PHP・SQL・Ruby・Swift・Python

口コミ

CodeCampの口コミ・評判を見る

CodeCamp公式ページ
概要

専任講師によるマンツーマンレッスンのもと、自分専用のカリキュラムを無理のないペースで進めることができます。

オリジナルのアプリ開発やWebサービス開発にチャレンジしてやり切ることで満足度に繋げます。その結果がスキルの証明となり転職や就職に結びつけることができます。

目的に合わせた3つのコース(スタンダードコース・AIコース・転職コース)があり、転職コースで指定人材紹介サービスを使って転職した場合、初期費用・受講料がともに無料の完全無料となります。

受講形式はオンラインが前提ですが、地域や時間帯で対応できるインストラクターがいる場合はオフラインも可能。(別途追加料金要)

学べる言語

HTML・CSS・JavaScript・Ruby・SQL

口コミ

侍エンジニアの口コミ・評判を見る

侍エンジニア公式ページ

4.4 AI(人工知能)を学びたい

近年では、AI技術への注目も集まっており、市場価値も年々上昇しています。AI開発で最も人気の高い言語は、Pythonです。またRやJavascriptについても、同様に注目が集まっています。

<まだエンジニア全体におけるAIエンジニアの数はまだまだ少なく>、それだけ希少価値が高くなるというのも、魅力の一つと言えます。<そんなAI>(人工知能)を学びたい方向けのおすすめのプログラミングスクールは下記になります。

概要

受講者の86%が初心者からのスタートと、初心者にとっても安心できるスクールです。初心者の方であっても、3か月間で実務で通用するAIスキルを身に着けることができるのです。

主なコースはAIアプリ開発コース、データ分析コース、自然言語処理コース、LINEチャットボット開発コースとなっています。

またプレミアムプランを選ぶことにより、受講期間内であれば好きなコースをいくらでも受講することができます。さらに24時間チャットサポートがあり、24時間以内に返信が返ってくるので効率的に勉強を進めることができます。

学べる言語

HTML・CSS・JavaScript・Python

口コミ

Aidemyの口コミ・評判を見る

Aidemy公式ページ
概要

仕事や学校などで忙しい方でも安心な、オンラインでのレッスンとなります。未経験の方がエンジニアとして転職を希望する方へのサポートが充実しており、多くの卒業性がWEBエンジニアとしてなど活躍をしております。

AIジョブカレを経由して仕事が決まった場合は講座費用が全てキャッシュバックされます。転職にいたらなかった場合でも、価格は他と比べても安い設定がされています。

講師は経験豊富な講師が揃っており、実践的なカリキュラムを進めることで即戦力のエンジニアを育てていきます。

学べる言語

Python・SQL

口コミ

AIジョブカレの口コミ・評判を見る

AIジョブカレ公式ページ

4.5 iPhoneアプリ・Androidアプリをつくりたい

iPhoneアプリやAndroidアプリなど、いわゆるスマホアプリをつくりたいと考えている方は、少し注意が必要です。それはiPhoneアプリとAndroidアプリで使用する言語が異なるためです。iPhoneアプリをつくりたい方は、Swiftという言語がおすすめです。またAndroidアプリをつくりたい方は、JavaやKotlinがおすすめです。ご自身がつくりたいアプリの種類にあわせて、スクールを選ぶと良いでしょう。これらの言語が学べるおすすめのプログラミングスクールは下記になります。

概要

オンラインで全てのカリキュラムを行うスクールであり、現役エンジニアからマンツーマンで受講することができます。毎日7:00~23:40までレッスンを受講することができるので、普段忙しい社会人の方でも受講をすることができます。CodeCamp受講生には、転職や就職のサポートもあるため、今後のキャリアについても相談をすることができます。全くの初心者であっても、勉強をすることも可能です。独学で勉強をしていて、なかなか進まない方にもおすすめのスクールです。

学べる言語

HTML・CSS・JavaScript・Java・PHP・SQL・Ruby・Swift・Python

口コミ

CodeCampの口コミ・評判を見る

CodeCamp公式ページ
概要

オンライン完結型のスタイルをとっており、仕事や学校などで忙しく通うことができない方でも安心です。

第13回日本e-learning大賞のプログラミング教育特別部門賞を受賞しており、そのノウハウには定評があるのです。どのようなコースを受講していいかわからない方には、コース診断をしてくれるので安心です。

IT業界への転職を考えている人にとっても、未経験からで12週間でエンジニアを目指すコースがあり転職が決定しないと授業料が全額返金される保証制度もあって安心です。

学べる言語

HTML・CSS・PHP・SQL・Ruby・JavaScript・Swift・Kotlin・C#・Solidity・Python・Scala・Java

口コミ

TechAcademyの口コミ・評判を見る

TechAcademy公式ページ

4.6 VR・ARを学びたい

AIに続き、近年注目を集めているのが、VR・AR技術です。直近ではApple社がAR端末「Apple Glass」の開発を進めていたり、Oculus社のVRヘッドセット「Oculus Quest」は、2019年の総販売台数が約70万台となり、在庫不足が課題になるほどの盛況ぶりで、VR・ARともに関心が高まっています。これらに用いられる代表的な言語はUnityです。この言語が学べるおすすめのプログラミングスクールは下記になります。

概要

オンラインで全てのカリキュラムを行うスクールであり、現役エンジニアからマンツーマンで受講することができます。毎日7:00~23:40までレッスンを受講することができるので、普段忙しい社会人の方でも受講をすることができます。CodeCamp受講生には、転職や就職のサポートもあるため、今後のキャリアについても相談をすることができます。全くの初心者であっても、勉強をすることも可能です。独学で勉強をしていて、なかなか進まない方にもおすすめのスクールです。

学べる言語

HTML・CSS・JavaScript・Java・PHP・SQL・Ruby・Swift・Python

口コミ

CodeCampの口コミ・評判を見る

CodeCamp公式ページ
概要

転職率は99%を誇るあのホリエモンも絶賛したといわれるスクールです。しかもなんと転職ができなかった場合は全額返金の保証がされる徹底ぶりです。

教室に通うこともできますが、時間がない近くに教室がない方のためにオンラインでの受講も可能です。

この脅威の転職率を支えているのは、エンジニアのスキルだけではなくキャリアカウンセラーが常にいるからです。転職をする時に心配なことはいつでも相談にのってくれるので安心してスキル向上に取り組むことが可能です。

学べる言語

HTML・CSS・Javascript・SQL

口コミ

TECH CAMPの口コミ・評判を見る

TECH CAMP公式ページ
概要

オンライン完結型のスタイルをとっており、仕事や学校などで忙しく通うことができない方でも安心です。

第13回日本e-learning大賞のプログラミング教育特別部門賞を受賞しており、そのノウハウには定評があるのです。どのようなコースを受講していいかわからない方には、コース診断をしてくれるので安心です。

IT業界への転職を考えている人にとっても、未経験からで12週間でエンジニアを目指すコースがあり転職が決定しないと授業料が全額返金される保証制度もあって安心です。

学べる言語

HTML・CSS・PHP・SQL・Ruby・JavaScript・Swift・Kotlin・C#・Solidity・Python・Scala・Java

口コミ

TechAcademyの口コミ・評判を見る

TechAcademy公式ページ

5. 卒業後のキャリアについて

プログラミングスクールを卒業した後についてのキャリアについては、就職の際のアピールポイントにしたり、現在働いている会社でエンジニアとのコミュニケーションに活かしたり、またはエンジニアへの転職をしたりと千差万別です。もちろんどのキャリアにも優劣はなく、ご自身の信じる道でキャリアは形成できればそれが一番良いと思います。

ただどのキャリアにも一貫して言えるのが、学んだ知識を形骸化させずにちゃんと定着した知識として活かしていくことが大切だと思います。

そのため、定期的に復習をする、小さな案件でも受注してみる、自身で何か開発してみるなど、メンテナンスを継続していくことが重要です。

そのためのおすすめの方法は、「エンジニアコミュニティに参加してみる」です。コミュニティでは、横の繋がりが増えるのはもちろん、イベント開催や案件の紹介など、様々な形でメンテナンスする機会が提供されています。

一人で継続していくのは不安だという方は、是非活用してみてください。

6. まとめ

記事を通して、プログラミングスクールの種類、選び方、注意点について解説してきました。最後には、おすすめのプログラミングスクールの紹介もしてきました。

ここまでで言えることは、「目的を明確にして自分にあったスクール選びをしよう」ということです。漠然とプログラミングを学びたいという方もいるとは思いますが、プログラミングスクールは費用も時間も想像以上に消費します。無駄な消費をしないためにも、目的を明確にすることを意識して取り組んでもらえればと思います。